特許のデータはねつ造だらけ? 不正論文どころじゃない

 学術論文のデータねつ造がよく話題にのぼります。
 では、特許はどうでしょうか? 実は特許でのデータねつ造は日常茶飯事です。
 学術論文など比べ物になりません。
 金銭、利害関係、法的権利が伴う特許の方が厳しいと思われがちですが、そうなっていないのです。
 何故特許でデータねつ造が氾濫しているのか説明してみます。

特許データの実状

特許でもデータのねつ造はあるのか?

 STAP細胞ではありませんが、学術論文のデータねつ造がよく話題にのぼります。

 では、特許にもデータのねつ造はあるのでしょうか?
 実は特許でのデータのねつ造なんて日常茶飯事です。学術論文など比べものになりません。

 不思議に思う人もいるでしょう。

 学術論文があくまで研究成果の発表なのに対し、特許は金銭や利害、法的権利が発生します。そのことを考えれば、特許の方がねつ造に対しては厳しい態度がとられると思う方が多いと思います。

 確かに学術論文と違い、特許でのねつ造には法的処分があります。

【特許法197条】(詐欺の行為の罪)
詐欺の行為により
特許、特許権の存続期間の延長登録又は審決を受けた者は
三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

 それなのに、特許データのねつ造はまかり通っています。皆さんご存じの大手企業でもやっています。何故わかるのか?
 ちょっと読むだけで「間違いなくねつ造だろう」とわかるデータが山ほど見つかるのです。それも「ねつ造するなら、もう少し上手くやれよ」と言いたくなるレベルです。

何故特許でねつ造が横行しているのか

 法的処分もあるのに、何故特許でデータねつ造が横行するのでしょうか? 特許ではデータの質は問題にならないからです。

 元々、特許取得にはデータの添付は必要ありません。アイデアだけでも特許になります。もちろん、夢物語では特許にはなりません。特許の審査官が、実現可能で、実用価値があると判断すれば、データがなくても特許になるのです。

 ですから、特許に書いてある実験データは、あくまでも「この発明は実現可能で、実用価値に供する効果があります」と審査官を納得させるための補助的な役割なのです。

 そのため、学術論文のように実験方法に関しての審査などありません。いい加減な方法でやったいい加減なデータでも、問題ないのです。「こんな実験じゃ効果があるとは言い切ることはできないが、何となく効果がありそうな気がする」と審査官が思えばいいのです。

「それなら、適当にデータをでっちあげようか」と思う人が出てきます。元々きっちりした実験ではありません。再現性も必要ありません。もう一度やってみたら「今回は違う結果になりました」でいいのなら、わざわざ実験する必要なんてないだろう、といった感じです。

「このデータおかしいんじゃないか?」と言われたって関係ありません。

「おかしいな。あの時は確かにこのデータがでたのに。あのときのデータは偶然だったのかな」と言い訳するだけです。学術論文では、やるたびに結果が変わるような実験では採用されませんが、特許ではそのこと自体は問題ないのですから。

 特許法で禁止されているのは、「嘘をつくこと」です。適当な実験をやって偶然出たデータを書くことは何の問題もありません。実験結果を勘違いしていても大丈夫です。

 やってもない実験をやったかのように書くのは「」ですが、適当な実験で「偶然出たデータでした」や「結果を勘違いしていたデータ」と区別できません。嘘だと証明することは実質不可能なのです。

 これが、特許でデータねつ造が横行している理由です。

特許データねつ造の罪悪感

 こんなことを繰り返していると、特許データねつ造に罪悪感がなくなってきます。

 最初に書いたように、読むだけで「間違いなくねつ造だ」とわかる「ねつ造するなら、もう少し上手くやれよ」というような特許が山ほどあります。罪悪感がない証拠です。罪悪感があれば、ねつ造するとしてもばれにくくする工夫くらいはします。

 例を挙げてみます。
「全く同じ実験をやっても、データが15だったり16だったりする程度はばらつく実験で、10回やって10回とも15.375という値になっている」
 こんなデータです。誰が考えても、コピペしただと思うでしょう。適当に15.2、15.9……と数字を作るくらい大した手間ではないのに、それすらしていません。これが特許データの実状です。

嘘を書いたら犯罪」なのに「嘘を書いても嘘だと証明できない」そのことが、こんな状況を招いているのです。

 それに、やっているのは自分だけではありません。特許公開を見るとねつ造だとわかるものが氾濫しています。「みんなやってるのなら、自分だってやっていいだろう」と思う、これも罪悪感を無くす理由です。

特許データと論文データのねつ造の違い

論文データねつ造はリスクが高い

 学術論文のデータねつ造は、リスクが非常に高いものです。
 学術論文では、特許より詳細に実験方法を記載する必要がありますし、大きな研究なら他の研究者が必ず追試します。

 ですから特許よりねつ造は難しいですが、ねつ造だと完全に証明することはできません。再現ができず、実験に疑いが持たれても、不明な因子があるのか、何が混入したのか、ねつ造だったのか、証明はできません。しかし、疑いをもたれ、調査され、状況がわかってくると、「ほぼねつ造に間違いない」と判断することができます。そうなると、専門家から「こいつは信用できない」というレッテルを貼られます。これは学者生命の終わりを意味します。

 学術論文でのデータねつ造はそれほどリスクが高いのです。

特許データねつ造のリスク

 特許の場合も、専門家なら状況証拠から「ほぼねつ造に間違いない」と判断できます。でもそれだけです。そのことを証明できず法的処分が下らなければ、何の問題もないのです。

 もし、社内で「こいつは信用できない」と思われたとしたら、その後の処遇に支障が出るでしょう(それでも、首になる訳ではありません)。でも、特許でねつ造しても社内で「こいつは信用できない」と思われることはありません。会社によっては、「こいつは嘘をつくのが上手く、特許を権利化して会社に利益をもたらす奴」と評価が上がるかもしれません。

 嘘がばれて、特許法の規定で処罰を受ける可能性がないのであれば(法律には規定されているが適用される可能性はほぼない)、リスクがないのです。

特許法が適用される危険性

権利化しない特許は嘘をついても大丈夫?

 とは言っても、法律で禁じられているのですから、処罰される可能性はゼロではありません。どの程度、その危険性があるのでしょうか? 

 ます、権利化しない特許については何の危険性もありません。

 特許法で禁じられているのは、「嘘をついて特許権を取得すること」です。権利化されなければ、嘘をついても法律違反ではないのです。

 特許というのは、特許権を得るためだけに出願するものではありません。権利にならなくても、他社をけん制するとか、他社に特許を取られるのを防ぐ、という目的で出願することがあります。元々権利化るすつもりがないものです。

 その場合なら平気で嘘を書けるのです。これも、ねつ造データが氾濫している要因でしょう。

権利化された場合

 権利化されたとしても、それだけで法的処分されることは、まずありません。

 特許庁の審査官だって専門家です。「このデータは間違いなく嘘だ」というものはわかります。それが証明できるのなら、特許を権利化しないでしょう。しかし「このデータは嘘っぽい」程度なら普通に審査します。審査官も人間ですから、嘘っぽくて信用できない特許は審査が厳しくなるでしょう。しかし、嘘だと証明できないのにそれを理由に拒絶することはできません。

 嘘だと証明できないから特許になったのですから、権利化されたからといって処罰されることはありません。そもそも、嘘かどうか判断して刑罰を下すのは特許庁の仕事ではありません。

 ですから、権利化された段階ではまだ処罰の危険性はほぼありません。

裁判になった場合

 後は裁判になった場合です。

 もし、あなたが嘘のデータをでっち上げて権利化した特許を、他の会社が侵害していたとして、その会社を訴えることができますか?

 実際には、裁判になっても嘘が証明されて処罰される可能性は、ほとんどありません。でも、その勇気がありますか? 嘘だと判断して処罰を下す権限のある裁判官に、身をゆだねることができますか?

 訴えた相手が「このデータはねつ造だ」と言ってくるかもしれません。それに対して「ねつ造ではありません」と答えることができるでしょうか?

 もし、ねつ造ではないことを示すために、実験した本人(あなた)の宣誓書を裁判所に提出できますか?

 私はできません。実際には処罰される可能性はほとんどないとしても、裁判所に嘘の供述をする勇気はありません。

 もし、それをやってしまえば、特許法違反の判決が出る可能性はあります。

ねつ造は減っている?

 最近、企業ではコンプライアンスが重視されてきています。法を遵守することだけでなく、法以外の規律を守ることが企業にとって大事だという時代です。そのため、特許のデータねつ造も、明らかに減っています。

 日本企業は……。

 しかし、今はグローバルな時代です。特許を巡る競争相手も日本企業とは限りません。というより、日本企業である方が少なくなっています。

 ねつ造なんかやめてフェアにしよう、なんて日本企業だけでやっても意味がありません。本当に難しい時代です。

 正直に言うと、現在の特許制度は時代に合っていません。このままなら、そのうち崩壊します。

 そのことについては、あらためて記事にするつもりですので、今回はこの辺で……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする